足の裏が痛くならないスニーカーを買う(2)

足の裏が痛くならないスニーカーを買う(1)の続きです。

スポンサーリンク

ルナグライド8を買って、しばらく後の話です。ルナグライド8も、愛用してバンバン履いた結果、そろそろ寿命かなと思えてきました。ルナグライド8はすでに廃番で、ナイキによると、その後継はリアクトというシリーズとのことです。

リアクトにすぐに飛びつく前に、思い出しました。アシックスウォーキングの直営店や、アシックスストアの一部の店舗では、3次元足形計測を行っています。

アシックスウォーキングのウェブサイトによると、「3次元足形計測によりお客様一人ひとりの足の特徴を正確に測り、スタッフがお客様のご要望をお伺いしたうえで、お客様に合った靴のご提案をさせていただきます」とのことです。自分にぴったりの、足の裏も痛くならないスニーカーを買う参考にすべく、足形計測をしてもらいました。

アシックス3次元足形計測結果(抜粋)
アシックス3次元足形計測結果(抜粋)

結果のプリントアウトを頂くことができました。画像が、当ブログ管理人の計測結果の抜粋です。全部で7項目あり、同じ年代と性別の人の平均からどれだけ離れているかが分かります。足長が平均より少し短いのに対し、足囲(いわゆる横幅)は平均並みです。当ブログ管理人がスニーカーを買う場合、足囲が3Eのものがよいとのことです。

スポンサーリンク

なるほどなあと特に感じるのは、ここからです。足高(甲の高さ)が平均より少し低いと分かります。「親指の付け根に赤い溝が入るような靴ずれをする場合、靴が大きい。足の甲と靴の間にスペースができている」というアドバイスをもらったと痛くない革靴を買う(1)で書きました。革靴で痛みを感じて以前苦労したときは、実際、当ブログ管理人の足高が低く(甲が低く)、足の甲と靴の間にスペースができていた可能性があるなあ(=プロのアドバイスはやはり適切だったかもしれないな)、と思います。

また、アーチ高(土踏まずの高さ。上の画像の赤丸で囲んだ箇所)が平均より明らかに低いです。「足の裏が痛いのは、加齢とともに扁平足(足の裏が平たく、土踏まずの部分がほとんどない足)になっているのだろう」というアドバイスをもらったと足の裏が痛くならないスニーカーを買う(1)で書きましたが、そのとおりだった可能性が高いな(=プロのアドバイスは適切だった可能性が高いな)と思います。自分的には、驚きに似た感覚というか、感動すらおぼえます(笑)

上の測定をしてもらった際に、スタッフの方から次のコメントを頂きました。

  • 運動不足の人や、逆に、トレーニングをしている人がアーチが下がる傾向にある。
  • アーチ高が低いことが原因で足の裏が痛む場合はある。
  • アーチの部分にサポートが入ったスニーカーを選ぶとよい。

なお、以前から自覚はしていましたが、上の画像で第一趾側角度(親指の曲がり具合、角度)がけっこう「外反」よりになっており、外反母趾であることも分かります。外反母趾であるがための不都合を当ブログ管理人は特に感じてはいませんが、一般に、外反母趾の人は足囲(横幅)がきついと感じやすいので、足囲にゆとりのある靴を選ぶとよい靴の中で足がずれて、その箇所が当たって気になる、という場合があるので、厚手の靴下を履くなどして、靴の中で足がずれないようにするとよい、とのことです。

アシックスのスニーカーにしようか、ナイキにしようか、とても悩みましたが、今回はナイキのリアクトフライニット2を購入しました!次回はアシックスのものを買おうと思います。

ナイキ_リアクトフライニット2
ナイキ_リアクトフライニット2
スポンサーリンク

足の裏が痛くならないスニーカーを買う(1)

コンバースのジャックパーセル(※)が好きで、よく履いていました。ところが、20代のころは平気だったのですが、しばらく前から、ジャックパーセルを長時間履いていると、足の裏が痛むようになりました。これはイカンということで、足の裏が痛くならないスニーカーを街に探しに行くことにしました。なお以下は、トレーニングや競技スポーツではなく、ジーンズなどに合わせるタウンユース用の話です。

スポンサーリンク

※ジャックパーセルの画像は、ネットで検索をすると大量にヒットします。手短に説明するのが難しいですが、体育館用の上履きのようなスニーカーと言えばよいかもしれません。同じコンバースのオールスター(当エントリー執筆時点で、コンバースのオフィシャルオンラインショップでは、チャックテイラーと表記)と似たタイプのものです。デザインが大好きです。足の裏が痛むようになったのは、おそらく加齢のせいです。ジャックパーセルのせいではありません(笑)

週末の量販店は混んでいて、スタッフの方にゆっくり相談する時間がなさそうなので、仕事が平日休みだった週に、デパートのスポーツ用品店で、お店のスタッフにじっくり話を伺ってきました。痛くない革靴を買う(2)にも書きましたが、お金や時間はもちろん有限ですが、ここぞというときは、その時点で投入できるMAXを投入したいです。スタッフの方からは次のように伺いました。

  • 足の裏が痛いのは、加齢とともに扁平足(足の裏が平たく、土踏まずの部分がほとんどない足)になっているのだろう。医師でなく、お店のスタッフのコメントでしたが、本エントリーと足の裏が痛くならないスニーカーを買う(2)を最後までお読み頂けると分かるとおり、この見立ては当たっていたようです。
  • ジャックパーセルはオールスターよりも厚いソールがもともと入っている。ジャックパーセルで足の裏が痛くなるのなら、オールスターでも痛くなるだろう。足の裏の痛み対策として中敷きを薦める店もあるが、ジャックパーセルに中敷きを敷くと、中が高くなりすぎて、かかとが浮いてしまうだろう。
  • 足の裏が痛まないためには、クッションが分厚いランニング用の靴を買うがよい。そのうえで、土踏まずの部分が分厚くなっている中敷きを敷くのもよいかもしれない。

そのスタッフの方には、足の裏の痛みに関する上のコメントのほかにも、以下のようなことを教えていただきました。

  • ジャストサイズよりも大きいものは、スニーカーの中で足が浮いているようなもの。お薦めしない。
  • スニーカーのつま先は0.5cm余るくらいがよい。(※ほかの店で後日、つま先は1cm余るくらいがよいとも伺いました。つま先は0.5~1cmほど余るのがよい、と覚えておくことにします。)
  • 足の裏の痛みとは別だが、スニーカーのパーツが足に当たるなどして、痛くなるケースがある。試着して、少しでも足に痛みを感じた場合、買わないほうが無難。
  • スニーカーは毎日履いた場合、たとえ高級品でも、半年程度でダメになる。買い替えまでの期間を長くするためには、4足くらい用意してローテーションするのが理想。

ニューバランスのスニーカー(有名な1400や996)、ナイキのエアマックス90やエアフォース1などを試着してみましたが、自分にとって一番履き心地が良かったのがナイキのルナグライド8でした(現在は廃番。後継のシリーズについて足の裏が痛くならないスニーカーを買う(2)で書いています)。足の裏が痛まないことを考えた場合、もっと高機能のものもあるが、ゴツすぎてタウンユースには合わないだろうとのことでもあったので、ルナグライド8を購入しました。

スポンサーリンク

そのスタッフの方に教えてもらったのですが、ナイキには、NIKEiD(現・NIKE BY YOU)というものがあり、色などのデザインを自分好みにカスタマイズして購入できるのです。いま、世の中にはこんなものがあるのか!と、自分の中では驚きでした。ルナグライド8の既製品が気に入ったので、カスタマイズして、ネイビー(ひもは白。ニューバランスっぽいデザインになった?)とホワイト(既製品にはないオールホワイト。個人的に大満足)を購入しました。

NIKEiDでカスタマイズしたルナグライド8_その1
NIKEiDでカスタマイズしたルナグライド8_その1
NIKEiDでカスタマイズしたルナグライド8_その2
NIKEiDでカスタマイズしたルナグライド8_その2
NIKEiDでカスタマイズしたルナグライド8_その3(購入直後)
NIKEiDでカスタマイズしたルナグライド8_その3(購入直後)

その後、ルナグライド8を履き続けた結果、足の裏の痛みは徐々に軽くなり、完全にゼロではありませんが、長時間歩いても痛みを感じづらくなりました。

足の裏が痛くならないスニーカーを買う(2)に続きます。

※本エントリーは、当ブログ管理人の場合はこうだった、という話題です。何らかの病気やケガが原因で足の裏が痛むという可能性もあるかもしれませんので、気になる場合は医療機関を受診するのがよいように思います。

スポンサーリンク

痛くない革靴を買う(2)

痛くない革靴を買う(1)の続きです。

スポンサーリンク

結果、購入したものはマルイの『ラクチン』シリーズというものでした。合成皮革→本革→もっと良い本革のような感じで、ランクが3段階ありました。当ブログ管理人の場合、1番上のランクが最もラクチンというわけではなく、むしろ履いた瞬間に痛かったので(この辺りは個人差、靴との相性だと思います)、真ん中のランクのものにしました。仕事が平日休みだった週に、空いていそうな時間帯をねらって来店して、1時間以上、いろいろ試着してたどりつきました。お金や時間はもちろん有限ですが、ここぞというときは、その時点で投入できるMAXを投入したいです。

購入したものは、快適さを追求して、靴紐がゴムでできていたりと(通常のひもを追加で購入して、それに替えることも可能。フィット感が変わるとのこと)、いろいろ工夫されています。ジャンジャン外を歩いても、まったく足が痛くなりません。寿命が来て買い替えるときも同じシリーズをまた買いたいと思います!

マルイのラクチンシリーズ_その1(プレーントゥ)
マルイのラクチンシリーズ_その1(プレーントゥ)
マルイのラクチンシリーズ_その2(プレーントゥ)
マルイのラクチンシリーズ_その2(プレーントゥ)
マルイのラクチンシリーズ_その3(ストレートチップ)
マルイのラクチンシリーズ_その3(ストレートチップ)

なお、痛くない革靴の選び方のほかにも、革靴を選ぶ際の一般的な注意点として、以下を教えていただきました。

  • 左右の足の大きさが異なる場合、大きい方の足に合わせて靴を買うのが基本。
  • つま先に足の指を寄せた状態で、かかと中央に人差し指が入るか入らないか、がちょうどよいサイズ。
  • 足の左右の出っ張っている部分(足を上から見て、最も幅を取っている部分)がパンパンで、足の指の形が靴の上から目立っていないかどうか、チェックするべし(目立っているととダメ)。
  • きついせいで、靴にしわができていないかどうか、チェックするべし(できているとダメ)。

以上は、当ブログ管理人が時間をかけて実際にプロに伺ってきた話を整理したものです。なお、「靴の選び方」のようなキーワードでネットを検索すると、いろいろなページが出てきます。当ブログ管理人は、個人的に、以下のページが参考になるなあと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

痛くない革靴を買う(1)

社会人デビューしたての20代の頃は平気でしたが、しばらく前から、新しい革靴を買うと、足の甲に革靴の革が当たって、痛いことに悩むようになりました。20代の頃は、スニーカーを買うのと同じ感覚で、デザインが気に入ったものをちょっと試着してみて、サイズが問題なければそれでOK!だったのですが・・・。

スポンサーリンク

革靴はどうしても仕事で使うので、痛いのは問題です。痛くない革靴(当ブログ管理人の場合、特に、足の甲が痛くならない革靴)を買うべく、シューフィッター(*)の方や、デパートの靴売り場のスタッフの方に、詳しいアドバイスを頂きました。なるほど、これは良いことを聞いたと思いましたので、本エントリーに整理してみたいと思います。

(*)シューフィッターとは:「お客様の健康管理の一翼を担うとの自覚に立って、足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を販売するシューフィッティングの専門家のこと」(シューフィッターとは?

痛くない革靴はこう選べ!プロのアドバイス

1.親指の付け根に赤い溝が入るような靴ずれをする場合、靴が大きい。足の甲と靴の間にスペースができている。

2.内羽式(うちばねしき)より外羽根式(そとばねしき)がよい。
内羽式と外羽式の違いについては、Google画像検索をすればたくさんヒットします。特に、次のウェブページが参考になると思います。

スポンサーリンク

簡単に言うと、「外羽根式」の靴は、紐を通す部分が外に向いてむき出しになっている仕様[中略]それに対して「内羽根式」の靴は、紐を通す部分が内側に収納されている仕様

靴の紐を留めてる部分、これを羽根といいます。羽根には2種類あって、足の甲を外側から包み込むように羽根があり靴紐を留めるタイプを外羽根(そとばね)と言い、内側からに羽根がありこの羽で甲の紐を留めるタイプを内羽根(うちばね)と言います。

上の各ページを総合すると、外羽式には、フィット感の調節が容易、営業など活動的な場におすすめといった特徴があることが分かります。一方内羽式は、フィット感の調節にやや難があるが見た目が清楚、冠婚葬祭におすすめといった利点があることも分かります。

3.固い革より柔らかい革がよい。

4.靴の内側が、一枚の革で作られているタイプがよい。

5.縫い目や装飾のない、シンプルなタイプがよい。縫い目や装飾の部分が足に馴染まず、痛くなる可能性がある。

履いて痛くならない革靴選びのポイントとして、上の1~5を教えていただきました。全体的に、動いた際に靴の革と足ができるだけ当たらないように、とアドバイスされたものと理解しています(当ブログ管理人の個人的な理解です)。

次のエントリーに続きます。

スポンサーリンク